特集・インタビュー
2017/12/13

はじめまして、ファンドマネージャー パッシブ運用部 土本直樹 × フリーアナウンサー 高田のどか

投資信託について勉強を始めたフリーアナウンサーの高田のどかさん。「ファンドマネージャーってどんな人なんだろう?」と“資産を運用する専門家”にも興味が湧いてきたようです。そこで、高田さんがたずねたのは…。ファンドマネージャーへ突撃!

高田:お忙しいところ失礼します。

土本:えっ!? あ! ど、どうも……

 

高田:突然すみません>< 投資信託について学んでおります高田と申します。私たちが資産をお任せする“運用の専門家”とぜひお話がしてみたくて、お邪魔しました。

土本:それは、それは…。投資信託に興味をもっていただけて、何よりです。


【パッシブ運用部 土本直樹 Naoki Tsuchimoto】
担当業務:iFreeなどインデックスファンドの運用
子供のときの夢:金利生活者
自分の性格を一言で表すと:まじめ










「落ち着いた感じの男性だなぁ。仕事もデキそう。あれ、でも机の上がちょっと・・・?」




高田:なんというか…。日々お忙しいことがうかがえるデスクですね(笑)

土本:いや~、すいません(汗)

高田:今日はいろいろとお話を伺ってもよろしいですか?

土本:はい、もちろんです。よろしくお願いします。

ファンドマネージャーに聞きました!

 

高田:改めまして、よろしくお願いいたします。

土本:こちらこそよろしくお願いします。なんだか緊張します…。高田さん、投資信託について学んでみていかがでしたか?

高田:投資信託を通して、自分らしい“お金との向き合い方”がイメージできました。ライフイベントを考えて、目的に沿った資産運用を考えていかねば!とやる気でいっぱいです。

土本:それは良かったです。高田さんの人生設計に投資信託をお役立ていただけると嬉しいです。

高田:ところで、土本さんはどうして、ファンドマネージャーになろうと思われたのですか?

土本:高校生の頃、資産運用に関する本を読んで興味をもったのがきっかけです。

高田:え? 高校生で資産運用の本を???? 私は高校時代なんて、お金のことなんか考えてもいなかったです…(笑)

土本:子供の頃は「金利生活者」になりたかったですね。

高田:(笑) それは、まさにファンドマネージャーになるべくしてなった、という感じですね!

土本:ありがとうございます。

高田:これから投資信託について、テレビや新聞などでいろいろ勉強していきたいと思っているのですが、土本さんは、日ごろどのように情報収集されたりしているのですか? 
 

 
土本:自席で、金融情報サービス会社の配信するニュースや株価情報などを確認したり、インデックス・ベンダー*からの情報を確認しながら運用について考えたりしていますね。
(* インデックス・ベンダー:株価指数などの情報を提供する会社。)

高田:私には、ちょっとハードルが高いなぁ~。

土本:当社では、毎月ファンドレポート(月次レポート)を投資者の皆さまに向けて作成して、ホームページに掲載していますのでご覧ください。ファンドレポートには、基準価額や分配金などそのファンドの情報が詰まっています。組み入れ上位10銘柄や私たちファンドマネージャーのコメントを掲載しているものもあるので、ぜひご活用ください。

当社では、購入時手数料ゼロのインデックスファンドシリーズ「iFree」をご用意しています。iFreeのファンドレポートは、こちらの「ファンド一覧」の「月次レポート・目論見書、運用報告書」列にある「R」をクリックしてください。

高田:はい、ファンドレポートもぜひ参考にします!では、次の質問ですが、お仕事において、意識されていることはどんなことですか? 
 

 
土本:投資者の皆さまのお金を運用し、その中から運用管理費用をご負担いただいていることを常に意識し、責任感を持って日々運用を行っています。

高田:大切なお金を預かるのは、プレッシャーもありますよね…。土本さんの真摯な考えを伺うと、ますます投資信託への興味が大きくなります。

土本:恐縮です(照)

高田:日々お忙しいかと思いますが、どのような1日を過ごしていらっしゃるんですか?

土本:こちらが一日のスケジュールになります。

【ある一日のスケジュール】
6:00 起床
7:30 子供と保育園へ
8:30 出社
9:00 前日のトレードの確認
9:30 為替の発注
10:00 資料などの作成ほか
11:30 ランチ
13:00 国内株式の発注
15:00 国内株式先物の発注
16:00 外国株式の発注
18:00 退社
21:00 就寝

高田:ふむふむ。お子さんがいらっしゃるんですね!保育園には毎日行かれるんですか?

土本:朝の送りが担当なので毎日行っています。

高田:仕事もバリバリできて、育児も協力してくれる男性、理想的です!

土本:きょ、恐縮です…。

高田:ちなみに…ランチは、愛妻弁当ですかっ?

土本:いえいえ、席の近い同期と外へ食べに行きます。さくっと食べられる蕎麦が多いですかね~。

高田:お蕎麦、私も好きです(笑) 午後からは発注が主なお仕事なんですね。そして18時には仕事を終えて、21時に就寝と…。

土本:子供の夜泣きに備えて早寝をしています。

高田:忙しい中にもワークライフバランスが整っているんですね(感心…)

土本:ありがとうございます。

高田:せっかくなので、もう少しプライベートな質問もしてよろしいでしょうか?

土本:ど、どうぞ(笑)

高田:休日はどのように過ごされていますか?

土本:もっぱら、子どもと散歩していることが多いです。 近くの公園に行き、子どもは滑り台で遊んだり、鳩を見て喜んだりしていますね。
 
 
高田:お仕事ではパソコンと向き合うことが多いかと思いますので、休日ぐらいは外でのんびりするのっていいですね。

土本:まさしくその通りです(笑)

高田:好きなテレビ番組はありますか?

土本:子供向けテレビ番組の『いないいないばあっ!』です。登場人物のセリフがすぐに出てくるほど、繰り返し視聴しています(笑)

高田:なるほど(笑)。プライベートではやはりお子様中心の生活ですね。

土本:そうですね。

高田:実は…資産を運用する専門家って聞くと、お金を動かす“マシーン”みたいなイメージでした。感情もなく、黙々と働いている人というか…。あ、失礼なこと言ってすみません!!

土本:そう思われる方が多いかもしれませんね。僕もそう思っていました(笑)

高田:でも土本さんにお会いして、仕事に対して真摯に取り組みながら、良き家庭人でもある。良い意味で、“人間”なんだと感じることができて、なんだか安心しました。

土本:そう言っていただけて良かったです。あとは、デスクをもうちょっとキレイにできれば…ですかね(笑)
 

 
高田:し、失礼なこと、申し上げました>< そういうところも含めて、ほっこりしましたよ(笑) ファンドマネージャーの方と直接お話ができて、投資信託に親しみを感じました!本日はお忙しいところありがとうございました。

土本:こちらこそ。高田さんや投資者の皆さまのことを考えながら、今後も業務にまい進したいと思います。

投資信託について学んだ高田さん。投資信託や資産運用だけではなく自分の“ライフプランや生き方”についても考えるきっかけになったようです。大和証券投資信託委託では、購入時手数料ゼロのインデックスファンドシリーズ「iFree」をご用意しています。低めに設定された運用管理費用と、豊富な商品ラインナップで「あなたらしい投資」のお手伝いをします。エンジョイ!iFree!
PREV はじめてみよう!つみたてNISA

関連記事